新古車

新古車のメリットって?

新古車というのは、5km〜100km程度など、走行距離の非常に少ない中古車を言います。新古車と言っても、一度登録されているので定義上は中古車になりますが、ほとんどがまだ誰の手にも渡っていないゼロオーナーカーで、使用感もほぼありません。

 

新古車のメリットは、車両本体価格が新車より大幅に値下がりすることで、支払い済みのため、自動車重量税が必要ありません。また、購入した年は自動車税が必要なく、自動車取得税も減価償却分が減額されるので安くなるメリットがあります。

 

税金がかからないので、諸費用も新車購入時に比べると安くすみます。他にも、車検が残っていて、登録直後なら約3年付いています。

 

また、新車の保証を継承することができ、新車よりも納車まで時間が掛からないメリットもあります。最大のメリットは、中古車扱いになるので、新車の値下げより車両本体価格が安くなることです。新古車のデメリットは、グレードやカラー、メーカーオプションなどが選べないところですが、人気の軽自動車なら、おろしたて中古車の流通量が豊富なので好みの物件を探すことができます。